あぶの危ない生活

使用キャラは殆どアサ!! アサバカとの噂もあるが、キニシナイb 三度の飯より♀プリ様が好きと変態っプリも現役(ぉ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

奈良世界遺産観光~

JR奈良駅から順番に近くの見所を攻めて行きます。


先ずは「興福寺」
五重塔
興福寺五重塔
南円堂
興福寺南円堂
東金堂
興福寺東金堂
印象に残ってるのはこのくらいかな?
とりあえず、ここは蜂がやたらいっぱい飛んでいてちょっとゆっくり見ていられる気分になれませんでした;
あ、あと鹿がいました(ぉ


次は「元興寺」
元興寺
ごめん、何かあんまり記憶にないんだ。。。(ぁ
日本最古、瓦飛鳥時代の瓦と言う事だったけど、うん。。。(ぉ


次は「東大寺」
ここは皆さんもよくご存知の奈良の大仏があります。
以前、ここには来たのですが、夜だったので中までは入れなかったんですよねぇw
って事で、今回はじっくり見てきました。
ここには鹿が沢山います。とても和むのですが、ちと獣臭いのが難点ですな;w

まずは南大門。
東大寺南大門
相変わらずくっそでかいです。
他の寺院がショボく見えてしまうくらい圧倒的な大きさです。
東大寺南大門2
※比較にたまたまいたリア充をイケニエに大きさ比較してます(ぉ


続いて中門。
東大寺中門
さっきどっかで見たようなデザインですね。

更に金堂(大仏殿)。
東大寺金堂
でかい。近くだとかなりの迫力です。
流石としか言えませんねw

そして大仏様。
東大寺大仏様1
見たことが無い人で少しでもこういうのに興味がある方は是非死ぬ前に一度は拝んどきましょう(ぉ
三大大仏の(3番目の)候補が富山にもある(2位は鎌倉、3位の他は兵庫や岐阜等という説)けど、群を抜いてます。
ってか、3位を争ってるってのが仏様に対して失礼な感じがしてきますな;
東大寺大仏様2
この細かい彫刻とか凄いですね。
東大寺大仏様3
あと、教科書とかではまず出ないであろう後姿を(ぉ

ここで、メンテ用か何かに使うであろう階段らしき物を発見。
東大寺階段?
これ、かなり酷い傾斜だと思うんですが;
足滑ったら一気に転がるんじゃ無くて落下ですな;


次、「春日大社」
春日大社
何かここはやたら縁結びってのを前面に押し出してました。
まぁ、どこでもやってるんですがね;w

あと、かなりの数の灯篭がずらーっとぶら下がっていました。
春日大社灯篭
春日大社灯篭2
写真では分かりにくいですが、後ろの方にもずらーっと並んでいます。


この後、西の京側まで移動して「唐招提寺」へ。
唐招提寺
他の所もそうなんだけど、本堂の中とかって大抵撮影禁止なんですよねぇ。
大仏様が撮影しまくれるとか逆に以外だったんだけどね;w
この金堂は奈良時代からの現存唯一のものらしいです。
ここの三尊はどれも大きくて立派なのだけど、特に目を引いたのが千手観音です。
大抵42手で表されることが多いのですが、ちゃんと1000本の手が当時はあったそうです(現在は953本らしいです)。
とても見応えのある像で、これだけの為に拝観料を払う価値があるかも?

最後に歩いて「薬師寺」へ。
薬師寺
最後なのにあんま覚えてないっす(ぁ
薬師寺東塔
東塔がこれまた昔からそのままの状態で現存しているそうです。
解体修理が今年秋に行われるそうで、丁度良い時期に来ることが出来たなとw
特別に今の期間、中を見ることが出来ました(外から覗く感じ)。天井の方にびっしりと模様が描かれていて当時は綺麗だったんだろうなぁと思わせられました。


時間もだいぶ遅くなってしまったのでメイン会場へ戻り、そこから駐車場までバスで移動。
さすがに疲れて寝てました;
駐車場に着いたら車がとても暑かったので窓全開で出発。


なかなか見応えがあったけど、かなり疲れましたわ;w
まだ周り切れてなかったところもあるから機会があればもう1回行きたいですw
御当地グルメも全然堪能できなかったしね!!(ぁ
スポンサーサイト

旅行? | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<奈良→京都 | ホーム | 1300年の歴史>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。