あぶの危ない生活

使用キャラは殆どアサ!! アサバカとの噂もあるが、キニシナイb 三度の飯より♀プリ様が好きと変態っプリも現役(ぉ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中国出張(移動日)

朝5時に起きて支度して、6時にホテルを出発。
送迎バスがあるから楽とは言え、流石にダルイ。。。

そして、会社から送った宅急便で届いている荷物を受け取ろうと思ったら。。。
あまりの重量に色んな所がクラクラ(フラフラ?)した。。。

とりあえず、チェックインカウンターで手続きをしてるとどうも新人なのかなかなか進みません。。。
確かにエコノミー席が何故かイッパイになってて急にビジネス席にランクアップになってみたり、重量がまさかの85kg位あってみたり。。。
でもさ、40分以上掛かってちゃイケナイと思うんだ。。。
2時間前に着いたのにかなりギリギリになっちゃったわ;

そして、荷物の超過料金を支払いに別のカウンターへ行って金額を聞くと、
110,600円だってさ?
何て言うか、、、ばかじゃねーの!?
こんなに荷物持たせるなんて。。。こんなに持たされるなんて。。。ウッウッ
ちなみにこれ、航空会社の会員になって、更にたまたまビジネスに格上げになってるからまだ10kg分は安く浮いてるんだぜ?
こんなんじゃ儲からないわと素で思ったわけですハィ。
てか、日本出る前にウチの財政が一気に危険に。。。;w

その後、色々な検査を経てやっと搭乗口へ。。。
放送で呼び出しを喰らわない事を祈りつつ時間まで待ってました。
(一応、非該当やインボイスは持ってたけど、ボルトとか工具とか満載だったので。。。)

優先案内時間になり、飛行機へ。
いやー、わざわざ並ばなくていいのはありがたいっすね。。。w
あと、席が広いし、クッションが効いてるので幸せw
まぁ、たかだか2時間程度なんですが;w
あと、エコノミーとの違いは
・ウェルカムドリンク
・機内食がバージョンアップ(美味いかはともかくお腹イッパイ過ぎな量が出ました)
・降りる時も先に優先して降りられる。
他なんかあったっけ?(ぉ

そんなこんなで急に降って沸いた稀に見るラッキーを堪能させて頂きましたw

上海(浦東)空港に到着して、ちょっとトイレに行ったら周りに誰もいない状態に。
海外出張は2回目とはいえ、上海は初めてだし、どこいっていいのやらと;w
迷いながらも入国審査の場所に着いたけど、今度はカードに記入する際、中国の滞在先(主にホテルの住所を記載)が、思い出せません。。。
誰も並んでいない所に一人だけ日本人がうーん、うーんと悩んでる状態に見るに見兼ねたのか片言の日本語と英語を駆使して説明してくれますが、内容は分かっていても答えが分からないからどうしようもないという;
電話をしようにも、この時、海外からの電話の掛け方も忘れてしまっていた為、連絡もできないという;
そうこおう悩んでいる内に中国の知り合いの人の電話番号とかでも良いと言われたので、唯一知っている通訳の人の電話番号をイケニエにしてようやく切り抜ける事ができました;

その後も、国内線の乗り継ぎ場所が分からずにチケットを持って聞き回ったり(一旦出口に出ないといけないのですが、当初、出なくてそのまま行くのだと思ってました;)、登場口が何の案内も無く、何故か変更されていたり(搭乗口に行っても便名が無くてこれはかなり焦りました;)。。。
かなりドタバタしてしまいました;
いやー、もっと下調べをしっかりしとかないとダメですね;

ここでもあまり余裕が無い状態で再フライト。
今度は普通にエコノミーだったので、さっきとの差がなんとも。。。;w
特に機内食が中国の国内線ってのもあるのかもだけど、ショボイ;w
水と固いパンと良く分からんサラダ?。。。今迄で一番ショッパイです;
まぁ、食うけどね!?
ささっと胃に流し込んで、残った時間は寝る、、、それが一番良い感じっすかね;


武漢空港に到着し、出口に向かうと通訳さんが待っていました。
この方とは初対面ですが、メールでやりとりしていたのとちゃんと名前が書いてあるカードを持っていてくれたのですぐに発見できました。
この通訳さんはウチの会社の中国での仕事を手伝ったりしてくれてます。
日本にも8年位住んでた事があるらしく、日本の文化と中国の文化の違いについてもそこそこ理解して解説したりしてくれるのでウチにとってはありがたいです。
ただ、ちょっと話が理解できてない場合があったりするので危ない時があるんですがね;w

通訳さんがいればあとは任せられるので楽チンですw
ホテルまでタクシーで移動し、チェックイン。
更に銀行へ行って両替も済ませてこれからに備えます。

それにしても、武漢は田舎だと聞いていたけど、かなり外れにある場所ですら結構な人口だと思います。
まぁ、上海や北京、広州のように生活レベルはまだまだのようですが。
問題はホテルの周辺にあんまりお店とかがないという。。。
いや、あるにはあるんだけど、、、何の店?ってのがあったりとてもウチらじゃ手を出せないような料理?を作っていたりと、今後が不安です;w


この日は夜に先発隊と合流して食事を取って寝ました。
ここまでは仕事もしてないのでまだ楽しめてる自分がいました。
次の日からが地獄の日々になるとは思ってもみませんでしたが。。。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<中国出張(仕事初期段階) | ホーム | 中国出張(前日)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。